NPO法人とボランティア活動

ボランティアを行う組織としてのNPO法人

ボランティアを行う組織としてのNPO法人

ボランティアなどの組織を作ろうとする場合はいくつかの方法があります。
そのような組織を作るということでまず問題となるのが人格の無い社団としてそのような組織を作るのか、それともNPO法人としてそのような組織を作るのかということです。

 

NPO法人を作るという方法にはいくつかのメリットがあります。そのようなことのひとつは法人の名義でいろいろな契約ができるということです。人格の無い社団などの形式ですと、社団の名義で契約をするということができませんから、代表者の名義などで各種の契約をしなければいけません。
ボランティアのための寄付を募るという場合でも、その寄付されたお金を振り込むための口座なども個人の名義で作らなければならないため、個人の財産と団体の財産が混同される恐れがあります。また組織の一員が個人的に所有している建物を、その作ろうとしているボランティアの団体の事務所にしようとするような場合は、そのことに関しても人格の無い社団などでは不利なことがあります。

 

人格の無い社団などでは、その社団などの名義で不動産登記ができないということです。そのような建物を設立するボランティア団体の名義で登記したいと思っていても、人格の無い社団のままでは個人の名義で登記をしなければなりません。しかし、個人名義のままでは将来、相続などの問題が起こったときに、不都合が生じる場合があります。
例えば、個人の名義でその不動産を登記していて、その登記の名義の人間が亡くなったというような場合、相続人が相続する相続財産のひとつとして、その不動産が含まれることになり、その不動産をそれ以後その団体のために使用できなくなるという恐れがあります。

 

ですから、そのような団体を設立するという場合は、NPO法人として設立をして、その法人の名義で不動産登記をするほうが、後々に禍根を残す可能性も少なくなるので、団体の永続的な運営にとっては有利といえます。


ホーム RSS購読 サイトマップ